「さんが」の商品一覧

。。。「さんが」を気持ちよくご利用いただくために。。。


  • アレルギーをお持ちの方は、必ず事前にお知らせください。

    当厨房では、麦用、米用の器具は同じものを使用しております。麦、大豆、ごまなどのアレルギーは大変危険です。必ず事前にご相談くださいますようよろしくお願いいたします。

  • 「さんが」の味噌は、麹菌が生きています。

    「さんが」は、秋冬に木こり作業と味噌、麹の仕込み、春夏は畑作業と養蜂が年間サイクルです。自然のサイクルの中に私たちが生きているように、味噌の麹が生きている。そこが「味噌」なのです。麹菌が、生きているからこそ、体の中で味噌本来の働きをするのです。麹菌が生きているので、写真とはお味噌の色が異なることがあります。「さんが」の味噌は、発送直前にパックに入れ、お送りしています。

  • 「さんが」の麹は、生麹です。

    麹の仕込みは、発酵から乾燥まで5日間の作業です。麹の仕込みは10月~4月の隔週。できるかぎり新鮮な麹をお送りします。

  • 「さんが」のエコパック発送

    発送にはリサイクル紙使用ダンボール、緩衝材に新聞紙、ペットボトルを再利用しております。同封書類は、メール添付。通常毎週月または火曜日の発送、仏内は2日または3日後到着を予定しております。搬送中の事故防止のため、すべての商品は袋詰めでお送りします。


「さんが」の溜り醤油

「さんが」では、味噌を作る際に出るたまり醤油を収穫しています。「さんが」の溜り醤油は、水を加えず作るので大豆の味が濃く、塩分が少なめ、非加熱。またお醤油造りにも挑戦中です。ただ今熟成中です。皆様にお披露目できる日を楽しみにしています。

醤油造りの会

「手作り醤油造りの会」
お味噌が作れるようになったら、次はお醤油を作ってみましょう。少しずつ伝統の技を自らの手で。詳細はこちら

たまり醤油

《生揚(きあげ)たまり醤油》
火入れ濾過工程なしの生揚(きあげ)たまり醬油です。甘めでまろやかな醤油となりました、原材料:カマルグ産BIO米、フランス産BIO大豆、ゲランド産自然塩

ひよこ豆味噌のたまり醤油

《ひよこ味噌のたまり》
火入れ濾過工程なしの生揚(きあげ)。大豆アレルギーを持つ方のために、ひよこ味噌のたまりを収穫しました。大豆たまりよりあっさりしております。原材料:カマルグ産BIO米、フランス産BIOひよこ豆、ゲランド産自然塩



「さんが」のお味噌

「さんが」のお味噌は、すべて昔のように寒の仕込み、土用越し、アルコール無添加、自然熟成(無加温醗酵)で熟成させ、粒は粒のまま、熱処理で麹を殺さず、注文後に樽から出て袋詰めされて、すぐ発送されます。味噌は冬に仕込み、春に少しずつ醗酵が始まり、夏に全力疾走、秋にクールダウンしておいしい味噌になります。お味噌の醗酵にも、人の運動と同じようなリズムが必要です。4つの季節を体験させてあげることがおいしい一人前の味噌になるために不可欠なように思います。そして最も大切なことは、麹菌が生きていることです。麹が人の体を浄化し免疫を強くするのです。
※味噌・麹類の6月~9月の発送は控えております。夏の前までにご注文いただけると助かります。
火入れをしていないため、時間とともに熟成され、味と色が変わります。写真とは色が異なる場合がありますので、ご了承ください。


白味噌

Logo NP carré pour net 《白味噌》
赤味噌に比べ米麹の割合が多く、塩分控えめ(塩分約9.5%)のお味噌です。さんがの味噌は麹の割合が多くほぼ1年発酵熟成させますので、うまみ成分が多いお味噌に仕上がり、麹が生きているので時間とともに赤くなります。(市販の白みそは色が変わらない様に殺菌pasteurisaséされているのもがあります。)

赤味噌 (2年物)

Logo NP carré pour net《赤味噌(2年熟成)》
じっくり2年間熟成させた本物の赤味噌(塩分11%)です。(市販の赤味噌には赤くするためにカラメル色素が添加されていることがあります。)おいしいお味噌には時間が必要なのです。

田舎味噌

Logo NP carré pour net《田舎味噌》
なつかしの田舎味噌はいかがでしょう。麦の香ばしさがお味噌をぐっと引き立てます。さんがの田舎味噌(塩分約9.5%)は、米麹、麦麹に大豆を加えた味噌です。九州の田舎味噌は小麦を使用しており風味が異なります。

玄米麹味噌

Logo NP carré pour net《玄米麹味噌》
BIO玄米麹を使用した玄米麹味噌(塩分約9.5%)です。白米ごはんと玄米ごはんの味が違うように、お味噌の味も違うのです。

田舎玄米麹味噌

Logo NP carré pour net《田舎玄米麹味噌》
BIO玄米麹とBIO麦麹で田舎みそを作りました。玄米と麦、どちらもゆっくり発酵します。麹の量が多く、塩分控えめ約9.5%です。

miso--mugi.jpg

Logo NP carré pour net《麦味噌》
「さんが」の麦味噌は裸麦から麹を作り仕込んだ麦麹味噌(塩分約9.5%)です。米麹を使用していない甘みの少ない濃厚な味のお味噌です。九州の麦みそは小麦を使用しており、風味が異なります。BIO大豆、BIO裸麦、BIO自然塩を使用。

ポアシシ味噌

Logo NP carré pour net《ひよこ味噌》
大豆アレルギーの方にも食べていただけるようにひよこ豆(Pois chiches)で味噌を作ってみました。あっさりした白味噌風の味わいです。原材料:BIO米、BIOひよこ豆、自然塩



「さんが」の麹

皆様の各家庭にぜひ麹を取り戻してほしい!!そんな思いで「さんが」では、週に一度麹を仕込んでいます。まずはお味噌作りから挑戦してみてください。麹のある家庭は、お料理が違います。そしてお母さんのお味噌。これが各家庭、子供たちの食生活の基盤になるのです。
※今季より隔週の仕込みとなります。ご注文後翌々週月曜日の発送になることもございます。早目のご注文をお願いいたします。

手作り味噌の会

「手作り味噌の会」
フランスでお味噌を手作りしませんか。お味噌は手作りがおいしいのです。なんといってもそれが母の味だから。「さんが」では父の味ですが。。。詳細はこちら

手作り麹の会

「手作り麹の会」
ちょっとマニアックですが、ご自分で麹を作ってみませんか。日本でも珍しい麹の勉強会です。身に付けた伝統の技を伝授いたします。詳細はこちら

麹

Logo NP carré pour net《米麹》
フランス・カマルグ産BIO米を使用しています。フランスで手作りの生米麹です。10月~4月隔週仕込み。

玄米麹

Logo NP carré pour net《玄米麹》
フランス・カマルグ産BIO玄米で玄米麹を仕込んでいます。11月~3月隔週仕込み。

麦麹

Logo NP carré pour net《麦麹》
麦麹を使うと米麹味噌とは違った風味の味噌ができます。麦の香りが食欲をそそります。麦麹の醗酵は米麹の倍の手間がかかります。麦は大量の水を吸い、ゆっくり醗酵します。麦麹は、フランス産BIO裸麦を使用しています。12月~2月隔週仕込み。

手作り味噌セット

《手作り味噌セット》
フランスで手前味噌作りに挑戦してみませんか。海外にいるからこそ子供たちに知ってほしい母の味噌。赤味噌、中味噌、白味噌など麹と大豆と塩の割合を変えるといろいろな手作り味噌が楽しめます。注文後翌週または翌々週月曜日の発送。米麹920g、BIO大豆カマルグ産1kg、自然塩。お味噌の作り方はこちら

塩麹

《塩麹》
注文後に仕込むので新鮮な塩麹。肉、魚の下味付け、野菜の塩麹付けなど万能調味料として、塩麹を使ってみませんか。お肉も魚もふんわり、柔らかになります。麹の力を家庭に。無添加。袋詰め。

フランス麹菌

《白麹菌》
米用麹菌。ご自身で麹を作ってみませんか。麹があれば、味噌、麹漬物、醤油、みりん、甘酒などなんでもつくれます

フランス麹菌

《緑麹菌》
大豆、麦用麹菌。うまく発酵させると緑の麹菌が空を舞うほどに繁殖します。ぜひ使ってみてください。



「さんが」の人気商品

BIOの畑とBIOでない畑。見比べたことがありますか?従来農法の農薬、化成肥料などそれは酷いものです。しかしBIOの野菜にもレベルがあります。「さんが」でも畑で野菜を作っています。無農薬、無化成肥料、無ビニールマルチで土もできる限り耕起せず、土の表面に虫や細菌が活動できるように枯草で覆います。雑草も適度に刈ります。農薬と化成肥料で育ち、他の命とのかかわりを知らずに育てられた野菜は、食べた後私たちの命に何の関わりも持ちません。野菜に関わった虫や雑草の命が次の豊かな命を育てるのです。
お餅つきの会

「お餅つきの会」
「さんが」では毎年末にお餅つきをします。やっぱり杵搗き餅がおいしいです。搗き立てを皆さんで食べましょう。2017年は12月最終週の予定です。皆様の参加をお待ちしております。。。詳細はこちら

長芋

《山芋》16euro/1㎏(計量後お知らせします)
※ご注文はメールフォームから
地元Touraine地方の山芋農家から直接譲ってもらっています。今年は雨が少なく、山芋の収穫も半分だそうです。ここの山芋は白く、濃く、甘くておいしいと思います。11月~3月のみ。

BIO大豆

NEW!!フランス産BIO大豆》
フランス産BIO大豆です。あまり知られていませんがフランスでも大豆が栽培されています。今年から地元ロアール地方の大豆を使用しています。Soja Bio Origine Touraine France

きな粉

《きな粉》
きな粉は、大豆を炒って、挽いて、篩にかけて作ります。自家焙煎の香ばしい黄な粉です。市販のものとぜひ味比べしてみてください。



「さんが」の自然養蜂はちみつ

蜜蜂を見たことがありますか?養蜂家がどんな作業をしているか知っていますか?私たちは糖の自給のために養蜂を始めました。病気対策やダニ退治などに農薬、抗生物質を使用せず、白砂糖を給餌しない自然養蜂を実践しています。蜂蜜もりっぱな発酵食品です。糖としては最も消化しやすいブドウ糖、果糖が主成分であり、ビタミン、鉄分が多く含まれ、さらに醗酵熟成されて、糖度が高いため長期保存が可能な完全な食品なのです。そしてプロポリスに蜜蝋にロイヤルゼリ-。いま蜜蜂が農薬で大量に死ぬ環境になってしまいました。みつばちの活動を誰かが応援し、支えなければなりません。花の受粉を主に担っているのは、蝶ではなく蜜蜂なのです。
         
さんがの純蜂蜜

《春のはちみつ》
Val de Indreの春のはちみつはクリーム状に白く結晶するとろけるようなはちみつです。搬送中の事故防止のため真空パック発送。

さんがの純蜂蜜

《アカシア(とその周りの)はちみつ》
今年のアカシアのはちみつは少し栃の蜂蜜その他が混ざっているように思います。搬送中の事故防止のため真空パック発送。

蜜蝋ハンドクリーム

《蜜蝋スキンクリーム》
肌保湿用蜜蝋クリーム。農作業や養蜂、木こりでカサカサの私の手も蜜蝋クリームでつるつるに。保湿作用の蜜蝋、殺菌作用のプロポリス入り

蜜蝋リップスティック

《蜜蝋リップスティック》
口紅用保湿用蜜蝋クリーム。冬の唇のかさつきに。材料:BIOエキストラオリーブオイル、自家採取の蜜蝋、ワセリン、プロポリス

蜜蝋

《自家採取の蜜蝋》
この蜜蝋で、家具ワックス、ハンドクリーム、ろうそく、養蜂具の防水、巣箱の香り付、ちょっとした潤滑剤と我が家でも貴重な蜜蝋です。



各種味噌

白味噌
【白甘味噌】原材料:BIO大豆、自然塩、BIO米
麹の割合が多いために甘く、塩分を少し控えた9.5%の甘い風味の白味噌です。

味噌 (2年物)
【赤味噌(2年物)】原材料:BIO大豆、自然塩、BIO米
2年熟成させると赤味噌らしい味になります。1年物の赤味噌とは味が違います。

田舎味噌
【田舎味噌】原材料:BIO米、BIO裸麦、BIO大豆、自然塩

玄米麹味噌
【玄米麹味噌】原材料:BIO大豆、BIO米、自然塩
自家精米のBIO3分搗き玄米麹を使用した玄米麹味噌(塩分約9.5%)です。

田舎玄米麹味噌
【田舎玄米麹味噌】 原材料:BIO3分搗き玄米、BIO裸麦、自然塩、BIO大豆

miso--mugi.jpg
【麦味噌】 原材料:BIO裸麦、自然塩、BIO大豆

miso-poicici.jpg
【ひよこ味噌】 原材料:BIOポアシシ、自然塩、BIO米
大豆アレルギーをお持ちの方のために作りました。(※調理器具は大豆、麦と同じものを使用しています。)

自家製純蜂蜜

《ロアール地方の蜂蜜》

さんがの蜂蜜

【春のはちみつ】
・・・4月。主に菜の花の蜜。その他りんご、梨等の蜜。フレンチトーストやホットケーキに。白く軟らかくクリーム状に結晶します。

P1040810.jpg

【アカシアの蜂蜜】
・・・5月。アカシアの蜜。癖が少なく透明感のある蜂蜜。そのため紅茶やヨーグルトなどシロップ代わりに気軽に使えます。結晶しにくい。

6月:森の蜂蜜
・・・菩提樹、栃、栗、楓、等の蜂蜜。結晶しにくい。鉄分が多いので色が濃い。寒くなると下の方から結晶します。

6月:栗の蜂蜜
・・・森の蜂蜜より茶色く味が濃い。結晶しにくいが、冬には結晶します。

4~7月:百花蜜
・・・春から秋にかけてのいろいろな花の蜂蜜。年、巣箱によって味が異なります。結晶します。

8月:ひまわりの蜂蜜
・・・蜂蜜レモンや紅茶にお勧め。トーストバターにも。結晶の粒は大きく、硬くなります。一度結晶を崩してから食べるとおいしいです。


「さんが」の春、夏の主な活動は、養蜂です。「さんが」では、抗生物質、農薬、砂糖を使用しない、蜜蜂を酷使しない(蜂蜜を取りすぎない)、蜂蜜の収穫が少なくなっても蜜蜂の生態を優先する自然な養蜂をおこなっています。蜜蜂が生きたいように生かして、自然に貯まった蜂蜜を収穫します。

蜜の種類によって、結晶します。はちみつの主成分は、果糖またはブトウ糖です。どちらも体内で分解する必要がない糖で、蜜蜂の酵素によって熟成はこうしているので、との分解が容易で体への負担が少なく、すぐエネルギーになりなす。純はちみつは、花粉のタンパク質、ビタミンが豊富に含まれており、とても栄誉価値の高い自然な糖です。是非生活に純はちみつを取り入れてください。

手前味噌セット

味噌セット
【手前味噌セット】BIO大豆1kg、米麹920g、塩360g

【米味噌のレシピ】
CIMG3545.jpg 麹920g、乾燥大豆1kg、塩360gの米味噌です。
CIMG3540.jpg 昨夜から水につけておいたBIO大豆を圧力鍋で煮ます。
CIMG3546.jpg 灰汁がスポンジのように盛り上がります。圧力を掛ける前に、しっかり灰汁を取ることが大切です。吹き零れをなくします。
CIMG3554.jpg 1時間ほど茹でると、柔らかくなります。指で軽く押し潰すことができるぐらいまで。
CIMG3557.jpg 固さを見、煮汁を加えながら、ポテトマッシャーで潰します。
CIMG3550.jpg 米麹に塩を混ぜ込みます。この状態を「合わせ麹」といいます。
CIMG3564.jpg 煮大豆を40度まで冷まします。お好みの硬さまで煮汁を加えながら、潰した大豆と合わせ麹をよく混ぜ合わます。混ぜ終えると、手の平大の玉状にして、樽に空気が入らないように詰めていきます。
CIMG3569.jpg 味噌仕込み完了です。1年ほど熟成させてから食べててみてください。

米、玄米、麦麹


【米麹】原材料:BIO米、麹菌


【玄米麹】原材料:三分搗きBIO玄米、麹菌


【麦麹(緑麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌


【麦麹(白麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌

米麹3kgからお味噌が約10kg作ることが出来ます。「さんが」では、注文を受けてから仕込みに入るので、いつも新鮮な生麹をお届けします。生麹は、活性が強くよい味噌が出来ます。麹は日本の伝統の食文化そのものです。麹を家庭に取り戻してください。生麹で1週間ほど保存できます。

麹の注文から発送まで

フランスのお客様に出来たての生麹をお届けしたい!そんな思いで「さんが」の麹は受注生産です。「さんが」では、その週に頂いた麹の注文を週末に仕込みます。5日間かけて発酵、乾燥し、その翌週月曜日に発送のサイクルです。ご注文から発送まで約2週間掛かります。ご注文は早めに頂けますようよろしくお願い致します。

生麹の保存について

「さんが」では、「生麹」の状態で発送しております。生麹の冷凍保存をお勧めしません。(生麹は、麹内部に水分が少し残っており、痛みの原因になります。)
購入後冷凍保存する場合は、さらによく乾燥させ、できるだけ空気を抜いて保存してください。解凍は、水分が麹につかないように自然解凍してください。冷凍後は生麹に比べると、菌の活性は弱くなります。冷凍後の品質の保証は致しません。冷蔵で2週間ほど保存が可能です。塩きり麹(塩と混ぜた状態)で保存することも可能です。10度以下、湿気ないように保存ください。いずれにしても、早めのご使用をお勧めします。

にんにく味噌

P1040528.jpg
【にんにく味噌】原材料:味噌、BIO大蒜

P1040521.jpg

甘酒

P1040021.jpg
【甘酒】 原材料:BIO米、BIO麹、BIO砂糖
甘酒健康法を実践している方が結構います。これに唐辛子、みかん皮などを足すとべったら漬の麹床になります。麹床に塩漬けした大根を寝かすこと5日間。おいしいべったら漬の出来上がりです。

白麹菌

フランス麹菌
【白麹菌】原材料:白麹菌(15ml)

とうがらし味噌

BIOとうがらし味噌
【とうがらし味噌】
原材料:味噌(BIO米、BIO自然塩、BIO大豆)、BIOとうがらし

しょうゆ麹


【しょうゆ麹】原材料:BIO米、BIOしょうゆ
麹をさらに醗酵させて醤油麹を仕込んでいます。いつも新鮮な醤油麹をお届け出来ます。お料理の仕込みにお試しください。
 Nature et Peogrét
Logo NP carré pour net
Nature et Progrés
BIOの認定を受けました
 言語
 お知らせ
・今期の麹は10月~4月隔週の仕込み。早めのご注文を
・週末はマルシェに!
Samedi: Beaujardin de Tours
・仏語サイト

 「さんが」へようこそ
「さんが」へようこそ!

フランス在住の皆様の食卓においしい生きた本物の味噌汁を。子供たちに手造りのお味噌を。そして家庭に麹の力を。フランスにいても味噌は日本人の食物の要です。玄米ご飯と味噌汁と一菜。味噌と玄米は、すべての栄養が詰まった保存できる完全食なのです。そして時々断食。ここに私たちの原点があります。

 ご注文はこちら
通常のご注文はWEBSHOPからご注文下さい
↓ "BIOSANGA.FR" ↓
ssangafr.png


昔ながらのメール注文はこちら
 カテゴリ
 お支払い方法
銀行振込・小切手