「さんが」ってなに?

「さんが」は、
いつまでも季節労働者でありたい。
そう思っています。


「さんが」とは、「僧伽(そうぎゃ)」という僧侶の集まりを指しています。「自他共栄」「拳禅一如(技と心は一つ)」の一念を「さんが」の店名に込めました。そして、漢字で「仏」と書くフランスに導かれて、フランスで味噌・麹屋「さんが」をはじめました。


私たちはフランスで自給自足の生活を目指す中、多くの日本食材の手作りを始めました。もちろん家族のために試行錯誤を繰り返した結果です。しかし、特に日本食にこだわっているわけではありません。無理をせず、出来る範囲で、おいしく安全なものを食べたいと考えています。麹、味噌、蜂蜜、とんかつソース、黄な粉、納豆、甘酒など、「さんが」で作るものは冷蔵庫を必要としません。


私たちは豆腐を作りません。できる豆腐の量より残るおからのほうが多く、そのほとんどを食べきれません。日本ではおからが公害になっています。だから私たちは牛ではなく、鶏を飼っています。肉のために牛は鶏の数百倍の飼料を必要とし、牛用の水のため地盤沈下が激しく、飼料用畑の土地は痩せていきます。私たちの食生活そのものがまわりまわって石油を消費しているのです。



「さんが」は工場ではありませんので、樽ごとに味噌の味も異なります。そんな小さな「さんが」ですが、がんばっています。私たちは数年前から糖の自足を目指し、養蜂をはじめました。私たちの自給自足は、食べ物だけを指しているのではありません。ガソリンを使わない生活、石油製品を買わない生活、病院に通わなくていい生活を目指しています。もちろん限界がありますが…。日本では原発事故で大変です。特に電気の消費は極力押さえようと考えています。「熱を作るために電気を使わない。電気でしかできないことを電気で。」が合言葉です。


私たちは、薪ストーブの暖だけで冬を過ごします。薪は森から自分たちの手で切り出します。はちみつを収穫した後の蜜蝋で蝋燭やハンドクリーム、家具用ワックスも作りますし、プロポリスを整腸剤の代わりに口にします。蜜蜂の世話をしながらロイヤルゼリーもとります。もちろん家具も手作りです。木の椅子や机、ベッド、椅子、テーブルなどほとんどが私の手作りです。トイレの水はお風呂の残り湯ですし、石鹸は廃油から手作りです。

CIMG5966.jpg


私たちの畑は、無農薬、無化学肥料、無耕起、を目指しています。いま改めて「わら一本の革命」を読み直しています。現在の農薬・化学肥料・ガソリンに頼る農法、さらには日本の教育に疑問を感じ、日本を飛び出しました。何もしない農法、しかし放任、放置ではない。一粒の種から数千粒の種が実ります。しかし、耕起に、収穫に、運搬にそれ以上のエネルギー、カロリーを浪費しています。米の大切な栄養分をわざわざ電気と労力を使って精米し、白い砂糖、白い塩、白い粉を使って調理し、自ら病気になって、自らお金を払って、頭を下げて治療してもらって苦しんでいます。食べなくてよいものを食べて病気になり、何もしなければ肥えるはずの大地は、しなくても良いことをすることによって痩せているのです。私たちは、自らの畑、自らの食事、自らの養蜂、自らの生活からの実践ですが、できることから始めています。

「さんが」はそんな活動の一面なのです。小さい「さんが」ですが、よろしく応援ください。

養蜂体験のご案内

P1010689.jpg

フランスで養蜂を体験し、養蜂を始めてみませんか?

私たちは糖の自給を目指し、フランスで養蜂をはじめました。砂糖黍から砂糖を得ることは個人では困難です。個人で可能な糖の自給方法。それは養蜂です。たたみ一畳分の広さがあれば、蜂の巣箱を置いて、半径2km内の蜜を集めることができます。他人の土地の蜜も蜜蜂だと許してもらえます。養蜂はみんながプラスになる家畜です。「蜂蜜の収穫量が多い」=「天候がよく、受粉が進み、野菜や果物の実りが多い」、自他共栄の活動なのです。緑の地球を守るため、誰かが蜜蜂を育てなければなりません。デスクワークだけでは、私たちは食べてゆけないのです。

個人養蜂家が増えてほしい!養蜂を通して、自然と、そして環境問題と向き合ってほしい!そんな想いで皆様に技を伝えていけたらと思います。4名以上なら別日程での養蜂体験、本格的な養蜂研修も可能です。ご相談ください。

【会場】
「さんが」 
Thorigny 37250 Veigne FRANCE

【日時】
2017年3月29日(水)14h30-17h30
2017年4月26日(水)14h30-17h30
2017年5月24日(水)14h30-17h30

【用意するもの】
首巻タオル、帽子、襟付き厚手長袖 (白や黄など色が薄いもの、襟付き)、長ズボン(色が薄いもの)、厚手ゴム手袋、長靴

《 参加料金 》 《 作業内容 》
【養蜂体験】
(2名から)
50euro/大人
30euro/子供

敷地内で蜂群巣箱の観察、養蜂道具の使い方の説明、巣箱や巣枠の準備、越冬の準備など季節によって。季節毎に実際の作業を共にしながら、養蜂に必要な技術を伝授します。蜂群巣箱の検査、蜂蜜の収穫、養蜂道具の使い方の実践、巣箱や巣枠作り、ダニ退治の方法など。とにかく実践あるのみ!

お餅つき

Mochitsuki

フランス「さんが」恒例 【お餅つきの会】
子供参加大歓迎、おもち食べ放題です。お腹いっぱい食べて帰ってください。

日時:2017年12月最終週??日(日)10h00~17h00頃
参加費:大人30euro、子供20euro(7~17歳)
詳細:メールにてお問い合わせください。

米、玄米、麦麹


【米麹】原材料:BIO米、麹菌


【玄米麹】原材料:三分搗きBIO玄米、麹菌


【麦麹(緑麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌


【麦麹(白麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌

米麹3kgからお味噌が約10kg作ることが出来ます。「さんが」では、注文を受けてから仕込みに入るので、いつも新鮮な生麹をお届けします。生麹は、活性が強くよい味噌が出来ます。麹は日本の伝統の食文化そのものです。麹を家庭に取り戻してください。生麹で1週間ほど保存できます。

麹の注文から発送まで

フランスのお客様に出来たての生麹をお届けしたい!そんな思いで「さんが」の麹は受注生産です。「さんが」では、その週に頂いた麹の注文を週末に仕込みます。5日間かけて発酵、乾燥し、その翌週月曜日に発送のサイクルです。ご注文から発送まで約2週間掛かります。ご注文は早めに頂けますようよろしくお願い致します。

生麹の保存について

「さんが」では、「生麹」の状態で発送しております。生麹の冷凍保存をお勧めしません。(生麹は、麹内部に水分が少し残っており、痛みの原因になります。)
購入後冷凍保存する場合は、さらによく乾燥させ、できるだけ空気を抜いて保存してください。解凍は、水分が麹につかないように自然解凍してください。冷凍後は生麹に比べると、菌の活性は弱くなります。冷凍後の品質の保証は致しません。冷蔵で2週間ほど保存が可能です。塩きり麹(塩と混ぜた状態)で保存することも可能です。10度以下、湿気ないように保存ください。いずれにしても、早めのご使用をお勧めします。

 Nature et Peogrét
Logo NP carré pour net
Nature et Progrés
BIOの認定を受けました
 言語
 お知らせ
・今期の麹の仕込みは、10月から。 ・週末はマルシェに!
Samedi: Beaujardin de Tours
Dimanche: Velpeau de Tours

・NEW!! 仏語サイト

 「さんが」へようこそ
「さんが」へようこそ!

フランス在住の皆様の食卓においしい生きた本物の味噌汁を。子供たちに手造りのお味噌を。そして家庭に麹の力を。フランスにいても味噌は日本人の食物の要です。玄米ご飯と味噌汁と一菜。味噌と玄米は、すべての栄養が詰まった保存できる完全食なのです。そして時々断食。ここに私たちの原点があります。

 ご注文はこちら
通常のご注文はWEBSHOPからご注文下さい
↓ "BIOSANGA.FR" ↓
ssangafr.png


↓特別なご注文はこちらから↓
btn-order_20161024053856a69.png
 カテゴリ
 お支払い方法
銀行振込・小切手