養蜂体験のご案内

P1010689.jpg

フランスで養蜂を体験し、養蜂を始めてみませんか?

私たちは糖の自給を目指し、フランスで養蜂をはじめました。砂糖黍から砂糖を得ることは個人では困難です。個人で可能な糖の自給方法。それは養蜂です。たたみ一畳分の広さがあれば、蜂の巣箱を置いて、半径2km内の蜜を集めることができます。他人の土地の蜜も蜜蜂だと許してもらえます。養蜂はみんながプラスになる家畜です。「蜂蜜の収穫量が多い」=「天候がよく、受粉が進み、野菜や果物の実りが多い」、自他共栄の活動なのです。緑の地球を守るため、誰かが蜜蜂を育てなければなりません。デスクワークだけでは、私たちは食べてゆけないのです。

個人養蜂家が増えてほしい!養蜂を通して、自然と、そして環境問題と向き合ってほしい!そんな想いで皆様に技を伝えていけたらと思います。4名以上なら別日程での養蜂体験、本格的な養蜂研修も可能です。ご相談ください。

【会場】
「さんが」 
Thorigny 37250 Veigne FRANCE

【日時】
2017年3月29日(水)14h30-17h30
2017年4月26日(水)14h30-17h30
2017年5月24日(水)14h30-17h30

【用意するもの】
首巻タオル、帽子、襟付き厚手長袖 (白や黄など色が薄いもの、襟付き)、長ズボン(色が薄いもの)、厚手ゴム手袋、長靴

《 参加料金 》 《 作業内容 》
【養蜂体験】
(2名から)
50euro/大人
30euro/子供

敷地内で蜂群巣箱の観察、養蜂道具の使い方の説明、巣箱や巣枠の準備、越冬の準備など季節によって。季節毎に実際の作業を共にしながら、養蜂に必要な技術を伝授します。蜂群巣箱の検査、蜂蜜の収穫、養蜂道具の使い方の実践、巣箱や巣枠作り、ダニ退治の方法など。とにかく実践あるのみ!

 Nature et Peogrét
Logo NP carré pour net
Nature et Progrés
BIOの認定を受けました
 言語
 お知らせ
・今期の麹は10月~4月隔週の仕込み。早めのご注文を
・週末はマルシェに!
Samedi: Beaujardin de Tours
・仏語サイト

 「さんが」へようこそ
「さんが」へようこそ!

フランス在住の皆様の食卓においしい生きた本物の味噌汁を。子供たちに手造りのお味噌を。そして家庭に麹の力を。フランスにいても味噌は日本人の食物の要です。玄米ご飯と味噌汁と一菜。味噌と玄米は、すべての栄養が詰まった保存できる完全食なのです。そして時々断食。ここに私たちの原点があります。

 ご注文はこちら
通常のご注文はWEBSHOPからご注文下さい
↓ "BIOSANGA.FR" ↓
ssangafr.png


昔ながらのメール注文はこちら
 カテゴリ
 お支払い方法
銀行振込・小切手